按摩(あんま)

按摩(あんま)

按摩とは、触ったり、なでたり、揉んだり、叩いたり、こすったり、押したりするなどの手技を駆使し、その物理的刺激と人間の持つ生命維持機能を反応させ、健康を増進させる目的で行われる手技療法(マッサージ)の1つです。按摩の按は「押さえる」という意で、按摩の摩は「なでる」の意であり、まさにマッサージを表しています。

江戸時代のころより、按摩の施術が職業の人々は「按摩」、もしくは「あんまさん」と呼ばれてきましたが、視覚障害者からすると、視覚障害者に対する蔑称ととらえることもあり、なかば禁句として扱われています。そこで、それに代わる言葉として、マッサージ師という呼び方が一般的です。が、それに対して、「マッサージ」という外国語の和訳にあたる、「按摩」が否定されている現状において、日本古来の手技療法を否定することになるという理由から、按摩師と称するマッサージ師もいます。これは難しい問題ですが、今は言葉の西洋化も進んでいるので、わざわざ按摩師と称する必要もないと思います。また、視覚障害者の方もあまり言葉に敏感に反応しないほうが、言葉の制約を無為に作らないためにも重要だと思います。

法令において、按摩の治療法そのものは規定されていないため、療法を行うマッサージ師の裁量にゆだねられます。

    Copyright(C) マッサージが知りたい!! All Rights Reserved.