手技療法

手技療法

手技療法とはいわゆるマッサージのことで、道具を必要としないため、古代より広く行われていた療法です。薬や健康食品(サプリメント)はもちろん、機械や道具、ハリやお灸などを使用せず、文字通り素手だけで行う施術で、触ったり、なでたり、揉んだり、叩いたり、こすったり、押したり、体の操作、自動運動の誘導など、さまざまな物理的刺激を与えることにより、筋肉や関節、血流、リンパなど、皮下組織に良い影響を及ぼすものです。日本では医学的な根拠のあるものから、迷信めいたものまで、さまざまな手技療法が行われており、また古来からの伝統とした手技療法から、国家資格で定められた按摩、マッサージ、指圧、柔道整復術、理学療法(リハビリテーションなど)があります。

そのように日本で親しまれている手技療法ですが、臨床研究として、効果のある施術だと認められた例はほとんどありません。しかし、2012年、代替医療の権威である学術雑誌、Evidence-Based Complementary and Alternative Medicineにおいて、一部の整体療術、鍼治療、マッサージ治療に医学的根拠があると、初めて示唆されました。

しかし、医学的根拠うんぬんよりも、マッサージは本人が気持ちいいと思っていることが大切です。

    注目情報

  • 藤田彩華・HINARI×九重やcoto comachiなどモダンな七五三着物のレンタルを考えているなら、My Selectのレンタル衣装はいかがでしょうか?年齢に合わせた個性的なレンタル衣装が選べるのでおすすめです。保険なども選択できるので万が一汚れたりしても安心。興味のある方はぜひサイトを見てくださいね。

Copyright(C) マッサージが知りたい!! All Rights Reserved.