アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダ

マッサージを行う民間療法の1つには、アーユルヴェーダというインド大陸の伝統的医学があります。生気・生命を意味するサンスクリット語の「アーユス」と知識・学を意味する「ヴェーダ」を組み合わせた言葉で、医学のみならず、生活の知恵、生命科学、哲学の概念も含んだ、総合医学です。約五千年にも渡る歴史があり、チベット、古代ギリシア、ペルシアの医学にも影響を与えたとされており、インド占星術との深い関わりがある、伝統の療法です。代表的な東洋療法であり、西洋医学に代わるものとして、さまざまな国で利用されています。

浄化法・治療法に、アビヤンガ、ピリツイルという療法があり、この2つは体にオイルを塗って、マッサージをする方法です。アビヤンガ(Abhyanga=塗布)は、オイルマッサージのことで、塗布するオイルの種類によって目的が変わるマッサージ法です。ピリツイルは発汗法を表し、熱い数リットルのオイルを全身に振り掛け、マッサージして汗をかく、王様の治療法と呼ばれるマッサージ法です。麻痺、リューマチなどの難治性疾患に効果があるとして、人気です。

日本では同じインドということもあり、ヨガと並んで、インド式美容・健康法として、女性向けの雑誌で取上げられています。

    Copyright(C) マッサージが知りたい!! All Rights Reserved.